直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう

新しいがん治療法

相談

自分の免疫力を活用する

がん治療の代表的なものとして「外科手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」を挙げることができます。これらを総称し、3大がん治療とも呼ばれることがあります。3大がん治療に共通することは、どれも外部からの力によってがんを治療することです。強力な力により、がんを治療するという方法です。しかし、確かに効果的ではあるかもしれませんが、3大がん治療はどれも体にかかる負担が大きいことが特徴です。また、再発の危険性も考えられます。そこで、近年注目を浴びているのが「免疫療法」という全く新しい治療法です。免疫療法とは、人間の体に備わっている天然の力、免疫力を活かしてがんと闘う、という治療法です。3大がん治療と比較した場合、即効性が感じられることはあまりないかもしれません。ですが、免疫療法にはがんに抵抗する力が長時間持続する、という大きな特徴があります。また、外部の力に頼らず、人間本来の力による治療であるため、体への負担が非常に軽いことも注目したいポイントです。一般的な抗がん剤治療のように重い副作用に悩まされるということもほとんどありません。免疫療法は、免疫の働きが衰える前の段階、すなわち病気の初期段階で選択することが重要です。さらに、従来の方法とも組み合わせることが可能であることも特徴の一つであるといえるでしょう。がん治療を行う際には、医師とよく相談の上、適切な治療法を選ぶのがよいでしょう。様々な選択肢の中から納得できるものをともに選ぶことができるような病院・医師を探すこともまた重要です。

Copyright© 2018 直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう All Rights Reserved.