直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう

だるさとの関係

医者

判断基準の一つ

疲れた、だるいと言うのはただ単にその人の体力が低下している場合もありますが、糖尿病を患っておりその症状が出ている可能性もあります。糖尿病自体は血糖値が高い病気という事が良く知られていますが、それ以外にも喉が渇く、疲れやすくなる等の症状を訴える人も居ます。勿論睡眠不足やストレスなどでもだるいと感じる場合もあるので心配しなくても良い場合もありますが、症状が強く出る場合や、長期治らない場合は何らかの病気の可能性が出て来ます。また糖尿病自体は自覚症状が殆どない病気なので、初期段階では殆ど気付かず、結果的に5年以上高血糖の状態が続いてから症状が出てきて発覚する場合も多々あります。勿論症状の出方自体は個人差があるため、どの人でも同じ様に感じる訳ではないし、同じ様な症状で悩むわけでも有りません。だからあくまでも病気を患っている可能性があると言う事で、もしかしたら糖尿病なのではないかと言う判断基準として利用する事が出来ます。ただ、基本的に疲れやだるい感じと言うのは体から何らかのSOSの信号が出ている状態で休憩しても良くならない、長期治らない場合は病気の可能性が出て来ます。糖尿病自体は目が見えにくくなってくるとか、ダイエットをしていないのに急激に体重が減少した等の症状を訴える場合もあります。ただだるさと言うのは何らかの不調を体がうったえている状態なので、その状態が続く場合は医療機関で検査を受ける様にします。そうする事によって、だるいなんて大したことがないと言って放置してより重症化する前に正しい治療を受けやすくなるからです。

Copyright© 2018 直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう All Rights Reserved.