直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう

大腸がんの種類

病棟

定期検査の重要性

国内で羅漢するがんの中でも上位に位置するのが大腸がんです。大腸がんの種類は二つに分かれ、直腸がんと結腸がんがあります。食生活の欧米化が進み、年々増加傾向にあります。直腸は大腸の10パーセントを占めています。大腸がんになりやすい場所で、全大腸がんの約50パーセントを占めています。発見は大腸の内視鏡で見つかります。通常の便に血が混ざる事があります。血便が出たらまずはがんを疑い専門医を受診すると安心です。リスク因子として、40歳以上の人、親族に結腸、直腸がんを患った事のある人いる場合など注意します。便通に異常を感じたら迷わずに受診して検査を受ける必要がありますが、定期健診を受ける事もおすすめします。直腸がんと診断された場合、がん細胞がどこまで拡がっているか調べていきます。拡がり方は大きく分けて3つあります。がんが大きく成長し周囲の正常細胞へ浸潤する。リンパを介して体の様々なリンパ管を経て全身に拡がっていく。血液を介して全身に拡がっていくなどです。がんが見つかるとすぐに全身に転移していないか調べていきます。転移がなければすぐに手術へと進みます。転移が見つかると薬物療法がメインとなります。治療の選択は主治医によって若干異なる場合があります。直腸がんがある程度大きい場合、転移がなくても薬物療法を先に行い腫瘍を小さくしてから手術する場合もあります。がん治療に関してはセカンドオピニオンなどを上手に利用して納得した上で治療に進むとよいです。

Copyright© 2018 直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう All Rights Reserved.