直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう

病気により感じるだるさ

診察室

病気による倦怠感

糖尿病は、症状が現れにくいことでも知られていますが、一般的には5年から10年経過してから症状が見られると言われています。気がついた時には、かなり病気が進行していたということも多いようです。糖尿病の症状として主なものは、だるいと感じたり、食事をしても痩せていってしまったりするということが挙げられます。他にも、トイレに行く回数が多くなったり、やたらと喉が渇いたりするなどの症状が見られます。通常、人間の体を構成する細胞が正常に機能するためには、その栄養のもととなるブドウ糖を送り込む必要があります。食事をした後に食べたものが消化や分解されてブドウ糖となり、これが体の細胞に吸収されていきます。しかし、細胞にブドウ糖を送り込む働きをしてきるインスリンと呼ばれる物質の分泌量が少なくなってしまうと、体の細胞まで栄養となるブドウ糖を届けることが難しくなり、これにより体がだるいといった症状が現れることになります。普通の日常生活を送っていて、睡眠も十分にとっているはずなのになぜかだるいと感じて何事にもやる気が起こらなかったり、仕事への悪影響が出たりする可能性もあります。本人にはその気がないのに、だるい感じが抜けず、端から見ると怠けているように見えてトラブルになることもあるので、糖尿病に対する周囲の理解も必要になります。なお、インスリンの機能が低下するのは高カロリーなものを食べ続けるなどの食生活によるものなので、糖尿病の予防には常日頃から食習慣に気をつける必要があります。

Copyright© 2018 直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう All Rights Reserved.