直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう

医者

だるさとの関係

疲れた、だるいというのは年齢やストレス、睡眠不足が関係している場合もありますが、糖尿病の可能性もあります。一時的ではなく長期その状態が続く場合は体から何らかのSOS信号が出ている状態なので、医療機関で検査してもらう様にします。

看護師

かかりつけ医を決める

梅田には多くの内科が診療科目になっている病院があります。総合病院であれば基本的には内科診療できますし、専門のクリニックもあります。かかりつけ医として利用している人も少なくありません。内科は人々の生活になくてはならない存在です。
相談

新しいがん治療法

免疫療法は従来の方法と組み合わせてより大きな力を発揮することができる新しい治療法です。がん治療にあたり最も大切なことは、様々な治療法から自分に合うもの、納得ができる方法を選び、信頼を置くことができる病院・医師を見つけることです。

病棟

大腸がんの種類

直腸がんが罹患する人が多いがんの一つです。早期発見できれば完治も見込めますので、便通に異常を感じたらすぐに受診します。定期健診も有効です。地域の自治体などで40歳を過ぎると検査を受けられる場合もあります。

診察室

病気により感じるだるさ

糖尿病は症状が現れるまでに時間がかかると言われていますが、主な病状としてだるいと感じることがあります。原因としては、高カロリーな食生活などによりインスリンの分泌量が減り、体の細胞に栄養素が十分に届けられなくなるためと言われています。

予防法を知る

カウンセリング

食生活に注意

直腸がんの発生リスクは、食事内容によっても大きく変わってくることが分かっており、できるだけリスクを高めない食生活を送るようにします。その為に推奨されているのが穀類、豆類などを積極的に摂取する事や、チーズや乳製品、さらに魚類のタンパク質を摂取する事です。また特定の食品を摂取していれば直腸がんになるリスクを軽減できるわけではなく、できるだけバランスよく摂取することがポイントです。また直腸がんの予防のためのポイントの一つが、脂肪の摂取過多には十分気を付けるようにする事です。肉類にはビタミンや鉄分等も含まれているため摂取は推奨されることが多いのですが、脂質が過剰になるのは避ける必要があります。肉類を食べる時はなるべく脂肪を落とすか、赤身を選ぶようにし、さらに食物繊維が豊富に含まれている物と一緒に食べるようにします。さらにビタミンCやEは発がん性物質が体内で作られるのを抑制する働きが期待できる成分なので、意識的に摂取するようにします。フルーツやナッツ類等にビタミンCやEは含まれているので、毎日の食事の一部に取り入れるようにします。また便秘は腸内に老廃物が長時間溜まっている状態になるため、なるべく食物繊維が豊富に含まれている物を摂取し、便秘を改善します。さらに水分摂取も意識して行う事によって、体内に必要な水分を上手に補給できるようになるため、直腸がん予防の為にも知っておきたい注意点だと言えます。

Copyright© 2018 直腸がんは未然に予防できる|食生活を改善しよう All Rights Reserved.